こんにちは!がす美です。(^^)

2019年2月1日より、リンナイ株式会社から「ドロップインコンロ」の新型モデルが発売されます。その名も「リンナイ RD641STS」です。今回は新型ドロップインコンロの発売を機にドロップインコンロのご紹介をしていきます。

ドロップインコンロとは?

このドロップインコンロは今、私が一番欲しいガスコンロでとにかくデザイン性が抜群にスタイリッシュです。テレビで芸能人の家のキッチンが映ると大体このドロップインコンロです!都会的で海外のコンロと同じなのでとてもオシャレに見えてしまいます。

そもそもドロップインコンロってなに?ビルトインコンロとどう違うの?と思う方もいると思いますので、メリット・デメリットを含めて説明させていただきます。

ドロップインコンロは魚焼きグリルが無い

ドロップインコンロとは、ビルトインコンロと同じ組込み式なので、一応、ビルトインコンロの一種と言った感じです。

ただ、一般のビルトインコンロとは違い、ツマミなどの操作部が前面のフェイス部ではなく天板の上に付いています。そのため、前面のフェイス部がなく天板だけしかありません。

天板部分にコンロと点火ツマミなので操作部が集中していて、前面のフェイス部が無いということは必然的に魚焼きグリルが付いていません。

見た目の時代になり増えてきたドロップインコンロ

欧米のガスコンロはほとんどがドロップインコンロで、下のキャビネット部分には大きなオーブン(コンベック)大体あります。家が広く、体格も良い欧米人にはオーブン(コンベック)が丁度良く、日本のビルトインコンロのような小さい魚焼きグリルでは、大量の料理などができなかったりと売れないのでオーブン(コンベック)が取り付けられるドロップインコンロが基本となっています。

逆に家も狭く、体格も小さい日本人にはオーブン(コンベック)は大きすぎて使いこなせなったのがあまり普及しておらず、一般的なビルトインコンロは魚焼きグリルを搭載した小さいグリルが付いているだけです。

ドロップインコンロの設置画像 リンナイRD641STS

ただ、昨今、欧米の文化が浸透しチキンの丸焼きなど豪快な料理をする日本の家庭も増え、またSNSなどの普及により見た目などのデザイン性を重視する時代になったことから、ドロップインコンロの需要が増えてきました。

オーブンのある家庭では魚焼きグリルが無いことがデメリットにはなりませんが、オーブンのない家庭ではデメリットになる可能性があります。ただ、最近は魚焼きグリルを使用する事が減っているとガスコンロの調査でありますので、グリルを使用しない方には気にならないと思います。

ドロップインコンロは五徳が大きい

ドロップインコンロは五徳ががっしりと天板全体に広がっているため、お鍋の移動や安定性がとてもよく、調理性が良いです。プロが使用する業務用の五徳もこのようにしっかりとしています。これはドロップインコンロのメリットです。

逆に一般のコンロでは、五徳が小さくフライパンやお鍋の安定性が悪いです。特によくあるのが、フライパンやお鍋の柄の部分に体が引っかかって料理器具を落としてしまうなどの軽い事故です。

これも五徳の安定性が悪いところからきています。

ドロップインコンロはバーナーコンロが4つもある

ドロップインコンロの更なる特徴はバーナーコンロ部が4つもあることです。通常のガステーブルはバーナーコンロ部が2つが基本です。ビルトインコンロでも3つが最大なのでこのドロップインコンロの4つは本格調理をする方にはもってこいのコンロです。

五徳が大きいことも関係していますが、コンロバーナーが4つあることで、お鍋やフライパンの一時的な置き場になるので、とても便利です。

ドロップインコンロの機能はシンプル

ドロップインコンロの機能はとてもシンプルで、炊飯機能やもちろんグリルが無いので、オートグリル機能など複雑な機能は付いていません。安全性の機能はもちろん付いていますが、その他の便利機能はあまり付いていないのが基本です。

便利な調理機能を良く使用している方には、ドロップインコンロにすると大変になる可能性があります。

ドロップインコンロの説明のまとめ

以上が、ドロップインコンロの説明となります。下にドロップインコンロのメリット・デメリットを表にまとめましたので、参考にどうぞ。

ドロップインコンロのメリット・デメリット

メリット デメリット
デザインが良い

五徳が大きいので、調理が楽

バーナーコンロが4つあるので便利

(※モデルによる)

魚焼きグリルが無い

(オーブンがある方、グリルを使用しない方には関係ない)

便利機能が無い

ドロップインコンロはどんな人におすすめ?

このようにメリット・デメリットがありますが、まずデザイン重視の方や、人とかぶりたくない方にオススメです。そういう方は多少の不便もあまり気にしないでしょう。

さらに、魚焼きグリルが無いのでオーブンのある方や、オーブンも付ける方、またグリルを使用しない方にオススメです。

オーブンのある方には、大きなオーブンに4つのバーナーコンロが使用でき、通常のビルトインコンロよりはるかに本格調理が可能です。なので本格調理志向の方にオススメです。

逆にグリルが無く、便利機能もないので調理はあまりしない方にも、オススメです。

普通に便利機能で時短したり、魚焼きグリルを使う家庭的な方にはあまりオススメできません。

最後に

このように特徴のあるドロップインコンロですが、お値段は意外にリーズナブルな価格です。一度デビューしたい方は新型モデルや型落ちモデルなどでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

新型ドロップインコンロ(ステンレストップ)

リンナイ新型ドロップインコンロ RD641STS リンナイ新型ドロップインコンロ RD322STS リンナイ新型ドロップインコンロ RD323STS
RD641STS

この商品を楽天市場で見る

 

この商品をAmazonで見る

RD322STS

この商品を楽天市場で見る

この商品をAmazonで見る 

RD323STS

この商品を楽天市場で見る

この商品をAmazonで見る 

新型ドロップインコンロ(パールクリスタルトップ)

リンナイ新型ドロップインコンロ RD324K1S リンナイ新型ドロップインコンロ RD324K3S
RD324K1S

この商品を楽天市場で見る

この商品をAmazonで見る

RD324K3S

この商品を楽天市場で見る

この商品をAmazonで見る

ちなみに我が家は次の買い替えは必ず、ドロップインコンロにします!もう家族会議で決定しました。(笑)その時はまたレビューを書かせていただきますので、よろしくお願いします。