2018年 12月 3日あの真っ白コンロで人気の「ホワロ」に新モデルが追加されました。今回はどんなモデルなのか、ほかのホワロと比較してどんな機能があるのか、デザインはどうなのかなど、がす美独自の視点でご紹介していきます。(^^)

スポンサーリンク


新モデル「HOWARO C」は中間モデル

ガス器具最大手のリンナイから2011年にインターネット限定モデルとして登場したホワロは今までの常識を覆す真っ白のコンロとして名を轟かせました。その後、何代もモデルチェンジを行い進化を遂げてきたのですが、2018年10月に「HOWARO C+」と言う最上位機種が発売されました。

そして2か月後の今回発表された「HOWARO C」は「HOWARO」と「HOWARO C+」の中間モデル「HOWARO C」と言うものです。

これでホワロは一気に3姉妹となったのです。(^^)

ホワロの3モデルを比較

なかなかネーミングがややこしいのですが、整理しますと下記のようになります。

HOWARO HOWARO C HOWARO C+
安価 普通 高価
22,545円(税抜) 41,800円(税抜) 51,800円(税抜)
特になし 調理タイマー付き

ココットプレート付属

オートグリル機能付き

調理タイマー付き

ココットプレート付属

「HOWARO C」はデザインも中間

私、個人的には「Cプラス」は通常のホワロに比べて真っ白なコンセプトは一緒ながら、もともとのホワロのような北欧的な暖かみある乳白色が感じられず、クールでスタイリッシュな印象を受けました。

そこに今回、発売された「HOWARO C」を加えてそれぞれのモデルを比較して総評してみたいと思います。

HOWARO

初代ホワロ ホワロの3モデルを比較
HOWARO
安価
22,545円(税抜)
特になし

もともとのホワロは角やフォルム全体に少し丸みを帯びていて、優しい感じがあります。また、白も少しクリームっぽいような乳白色をしているため、全体的に暖かみが感じられます。天板もホーロー素材の為、先の特徴も相まって北欧デザインととても相性の良いデザインに仕上がっています。五徳も黒のホーローと言うのはまさに北欧コンロですね!サイズも56cm幅とこのモデルだけコンパクトサイズになります。とっても味があって可愛いです。

便利な機能が特に付いていないので、シンプルなコンロとしてデザインでき前面にはツマミだけと言うところが、良いのだと思います。

私のブログでよく機能が少なくコンパクト。また価格も、とても安いので一人暮らしの方にオススメしていますが、余計な機能はいらない方には家族持ちでもオススメです。そのスタイルこそ北欧っぽいじゃないですか!

HOWARO C

ホワロC ホワロの3モデルを比較
HOWARO C
普通
41,800円(税抜)
調理タイマー付き

ココットプレート付属

今回、新しく登場した HOWARO C です。フォルムはフラットになり、スタイリッシュになりながらも天板のホーロー感や黒のホーロー五徳などは暖かみを残していると思います。前面パネルについてはいろんな機能が付くことで、点火ツマミだけでなく様々なボタンが付き、急にハイテク感がでてきてしまっていますが、それでも全体的バランスを取り、暖かみと優しい感じを残せているのではないでしょうか。こちらのモデルは59cm幅の基本サイズです。

北欧デザインのホワロが欲しかったけど、機能が無さ過ぎて迷っていた方、家族持ちなどでがっつり調理をする方などにオススメです。

ただ、価格も約2倍と跳ね上がりますので、ご予算とご相談ください。

 

HOWARO C+

ホワロC+ ホワロの3モデルを比較
HOWARO C+
高価
51,800円(税抜)
オートグリル機能付き

調理タイマー付き

ココットプレート付属

こちらは私のなかではクールでスタイリッシュなコンロで、もともとのホワロ北欧感とは少し違う感じに仕上がっていると思います。五徳もピュアステンレスを採用して天板の縁もシルバーになることで、未来感がでていると思います。やはり最上位モデルとして高級感を出すにはこのようにするしかなかったのかなぁと思います。なので北欧デザインを求めているかたには「HOWARO C」をオススメします。こちらのモデルは59cm幅の基本サイズです。

ただ、本来の真っ白と言う点ではゴトクも含めて白に近いことから、真っ白のコンロを探しているかたにはおすすめだと思います。

話題のココットプレートにオートグリル機能が付いているので、機能的には満足な仕様だと思います。価格も高級コンロに比べれば高すぎるというわけではないので、ネット限定モデルで最上位機種がこの価格なら満足度が高いガステーブルかもしれません。

特にCとの価格差は10,000円ですので、オートグリル機能とガラッと変わる見た目が10,000円と考えると価格で迷っている方は、長期でみてこちらの方をおすすめします。

ホワロの3モデルの機能比較

ホワロの3モデル比較

ホワロの3モデルの機能の比較表です。こうやってみるともともとのホワロは本当にシンプルなガステーブルと言うことが分かります。

CとC+の違いは「オートグリル機能」と「見た目(五徳と天板)」の違いだけです。必要な機能があるかないかでしっかりと確認しておきましょう。特に「ココットプレート」はとても便利ですが、ホワロは対応していないので、別売りで購入しても使えません。注意しましょう。

ホワロの比較のまとめ

以上がホワロの3つもモデルを比較したまとめになります。真っ白コンロと言うぐらいですから見た目で惚れて購入を検討している方も多いと思います。

私個人の意見ですが、そのなかにも HOWARO と HOWARO C は北欧感があり、HOWARO C+は真っ白ですが北欧感があまりないと思っています。北欧デザイン好きの方はしっかりと選びましょう。

また、機能では HOWARO C と HOWARO C+が圧倒的勝っています。ほぼ違うガステーブルです。なので、機能も重視したい方はそこも視野にいれましょう。

価格で選びたい方は HOWARO が圧倒的に安いので、 HOWARO で決定でしょう。約2分の1の価格です。

このように優先順位でしっかり選べば最高のガステーブルコンロと出会えるはずです! デザインか価格か機能か自分自身に問いかけてみると良いコンロ選びができると思います。(^^)